プッシュボタン受付

プッシュボタンは「1~9のメニューを選択する」といったよくある使われ方の他に、「電話番号」「会員番号」「クレジットカード番号」「生年月日」などの情報入力ができます。これにより、自動的に商品注文や、カード決済、会員情報の照会など、本来は人がやるべき様々な業務をシステムに代行させることができます。