ネットワーク対応型 通話録音装置
VP-101N サーバー記録モード

soldout_top_server

「VP-101N」はSOHOから小規模コールセンター等への通話録音ニーズに、分散対応かつスケーラブルな通話録音システム構成を提供します。電話による音声やマイクによる音声を時間情報などの通話情報と共に逐次音声ファイルに変換し録音します。
VP-101Nを複数台ネットワークに設置し、VP-101Nコールロガーアプリケーションソフトウエア(オプション)をインストールしたサーバーと接続します。VP-101Nの内部メモリーに録音されたデータは、サーバーに転送され、保存することができます。
録音方法はVP-101N本体内部メモリーに収録・保存する本体記録モード又はオプションのWindows PCサーバーに収録・保存するサーバー記録モードが選択できます(※本体記録モードはこちら)。
※サーバー記録モードのソフトウェアはネクストジェン株式会社の製品になります。

製品特長

  • 安価に高機能なサーバー型、通話録音システムを構築可能です。
  • 集中管理機能、異常が発生した際のアラーム通知、自動バックアップ機能など優れた機能を備えています。
  • Windowsの汎用サーバーを使用。他社製システムに比べ、費用を大幅に抑えることが可能です。

 簡易メニュー(下記項目をクリックすると、対象項目まで自動的に移動します) 

製品概要

費用 ・VP-101N 標準価格 OPEN (参考売価 ¥33,500/台)
・コールロガーライセンス料 [型番:PL-A8815]  標準価格¥50,000
・コールプレイヤーライセンス料[型番:PL-A8825]  標準価格¥40,000
・サーバーキッティング費用  標準価格¥120,000

※オプション:ACアダプタ[型番:PA-1220]¥3,000/台
※サーバー以外の端末で音声データを検索・再生する場合は、再生端末1端末ごとに別途オプションが必要となります。
※VP-101N本体の導入設置、HuBやLANケーブルなどの配線機器、サーバー機器本体については、別途御見積もしくは、お客様側でのご用意/ご手配も可能
※価格はいずれも税抜接続方法録音アダプタを電話機と受話器の間に設置し、そのアダプタをLANケーブルにてネットワークに接続。ネットワークのPCにて管理する。
※1電話機に1端末必要
+ サーバー本体の設置・設定録音保管場所サーバー本体の容量による(2GBで125時間録音)。機能録音データの再生、検索、メモを残す機能
(複数端末を一限管理可能)
リアルタイムの音声モニタリング
アラーム通知機能
メディアに自動バックアップする機能あり用途小~中規模向けのコールセンター保守製品本体1年サポート
平日日中帯の電話サポートは無料その他1サーバーでは48端末のみ管理可能

(ご利用イメージ)

<http://www.my-logger.jp/wp/wp-content/uploads/2016/07/d269f283b3d0f66405a4d5db6a6d1b17.png”>My-logger IP server ご利用イメージ

接続方法

  1. 電話機と受話器の間に録音アダプタ本体を接続。
  2. 録音アダプタからLANケーブルにて、ネットワーク(ハブ、ルーター)へと接続する。録音アダプタにACアダプタを接続する。(ハブがPoE対応であれば、ACアダプタは不要)
  3. 録音アダプタと同一上のネットワークにあるPCへ管理ソフトウェア(ML Player)をインストール。
  4. 音量バランス等の確認後、運用開始になります。
接続イメージ

ソフトウェア画面紹介 ※画面イメージについては準備中です

  1. 検索・再生機能(Web Player)
    サーバー記録モード時でコールロガーに収録したデータの検索・再生ができます。
  2. リムーバルメディア上の音声の検索再生
    サーバー記録モード時でコールロガーに保存したリムーバブルメディアの音声を検索再生できます。
  3. 回線名登録
    各端末に内線番号、チャンネル名、グループIDを入力し、検索条件として設定することができます。
  4. ステータス情報
    ロギングサーバーに接続されたすべてのVP-101Nの動作状態を確認することができます。
  5. 障害通知機能
    万が一の障害発生時、あらかじめ設定されたIPアドレスをもつPCに障害の発生をメッセージとともに通知できます。

機能

ロギングサーバー

  • VP-101Nとネットワーク接続され、VP-101Nで一時的に蓄積されている通話データ(WAVファイル)を収集し、ハードディスク上に通話データベースを作成します。また、VP-101Nのステータス情報の管理や、通話データのメディアへの保存機能を持ちます。コールロガーアプリケーションソフトウエアが動作するサーバーです。
  • ロギングサーバーのハードディスクへ記録されたデータは、リムーバブルメディアへ保存することができます。

その他

  • ステレオ録音も可能です。録音データをテキストマイニングなどへ二次利用することが可能です。
  • 録音のための特別な操作が不要なので、オペレーターは、録音していることを意識 する必要がありません。
  • 薄型デザインで場所をとりません。電話機の下に設置することもできます。
  • イーサネットでクライアントPC 又はロギングサーバーと接続しますから、USBで接続する機器と異なり、コネクタ抜けによるトラブルから開放されます。
  • PoE( Power over Ethernet )に対応しています。PoE給電対応ハブと接続することで、 電力の供給をネットワークハブから行えます。ACアダプターの抜けによるトラブルを防止できるとともにACコンセントに余裕が無く、ACアダプターの使用が難しい場合でもPoE給電にてご使用いただくことができます。
  • 機器の録音状態、異常の発生をネットワークで接続されたPCで管理できますので、それぞれの設置場所に管理者を置く必要が無く、分散型の設置でありながら集中管理型のシステムを構築できます。
  • 標準付属するソフトウェアを使ってデータの検索・再生が可能なため、基本的な録音再生システムが手軽に構築できます。
  • 外部マイクの接続も可能です。マイクを接続すれば対面販売時の録音にも対応します。
  • 送話側・受話側の音量を別々に調節できます。 録音モニター用ジャック( REC OUT ) にヘッドホンを接続して、リアルタイムにモニターしながら素早い音量調節も可能です。
  • 本体記録モードでは1台のPCで複数台のVP-101Nを検索・再生する事ができます。
  • サーバー記録モードでロギングサーバーを導入すると複数支店にまたがった、各店舗の録音データをまとめて管理することも可能です。

製品仕様

機能仕様

(アナログ部)

  • アナログ入力用4極4芯モジュラー入力端子 ×2 (HAND SET / TELE PHONE)
  • 入力レベル調整・270度回転トリマ型 (AGC SPK / AGC MIC)
    スピーカー側 : −50dBV〜−10dBV (AGC SPK)
    マイク側 : −60dBV〜−20dBV (AGC MIC)
  • A/Dコンバーター : 8kHz / 24kHz サンプル、16bit量子化
  • マイク入力 : 3.5φステレオ端子 (MIC IN)
  • モニター出力 : 3.5φステレオ端子 (REC OUT)

(録音データ)

    • データ形式 : 4bit-ADPCM、Mu-LAW、A-LAW、16bitリニアPCMから選択
    • サンプリング周波数 : 8kHz / 24kHzから選択
    • ファイル形式 : WAVフォーマット
    • 録音モード : ステレオ、L+Rミックスモノラル、Lモノラル、Rモノラルから選択
    • 録音周波数特性
      300Hz~3.4kHz +3dB/-6dB(8kHz サンプル、1kHz 基準)
      300Hz~8kHz +3dB/-6dB(24kHz サンプル、1kHz 基準)
    • 録音S/N比 : 40dB以上(無音信号録音を基準)
    • バッファ保管時間(本体内部メモリーは、電源を切っても消えません。)
      記録時間(単位 : H)
データ形式
ADPCM
Mu-LAW/A-LAW
PCM
録音モード
Mono
Stereo
Mono
Stereo
Mono
Stereo
サンプリング周波数 8kHz
125
62
62
31
30
12
サンプリング周波数 24kHz
40
18
19
8
8
3

(録音動作)

  • 録音起動動作 : 音声起動(VOX) / 外部起動 / コマンド起動(LAN経由 CTI連携)

(表示部(本体正面))

  • LED表示 : POWER・LINK・ALARM・REC・VOX

(操作部(本体背面))

  • STANDBY/ON スイッチ
  • 初期化ボタン

(LAN端子(本体背面))

    • Fast Ethernet RJ-45 ×1(PoE対応 IEEE802.3af準拠)
      外部起動用端子(本体背面)
    • 外部起動用端子 (6極6芯モジュラー端子 RJ-11) ×1
      (外部スイッチ等の接続は、下記の端子表を参照してください。)
端子番号 信号名
+5V
未使用
未使用
未使用
IN
GND

動作環境

(サーバー記録モード用ロギングサーバー)

  • ソフトウェア : コールロガー
  • OS : Windows Server 2008 R2 SP1以降 、Windows Server 2012 R2、Windows 7(64bit)
    ※Windows 7 の連続稼働は推奨されていません。
  • CPU : 上記OSが快適に動作すること。デュアルコア以上が望ましい。
  • メモリー : 4GB以上
  • SQL : SQL Server 2008 R2
  • ディスク空き容量 : 200GB以上
    ※録音データを収集するため、VP-101Nの台数、録音形式、録音保管期間により更に大きな容量が必要になります。
  • CD-ROMドライブ : コールロガーインストール時に使用
  • バックアップメディア : DVD-RAM、BD-RE(フォーマット : UDF2.0(DVD-RAM),UDF2.5(BD-RE))
    注意 : データベースのパフォーマンスの制限により、通話数100万件以下とします。

VP-101N本体記録モードとサーバー記録モードとの比較

費用 OPEN (参考売価 ¥33,500 / 台)
※ACアダプタ ¥3,000/台
※VP-101N本体の導入設置、HuBやLANケーブルなどの配線機器の調達については別途御見積もしくは、御社でのご用意/ご手配も可能
※価格はいずれも税抜
OPEN (参考売価 ¥33,500 / 台)
※ACアダプタ ¥3,000/台
+ コールロガーライセンス料 ¥50,000
+ サーバーキッティング費用 ¥120,000
※サーバー以外の端末で音声データを検索・再生する場合は、再生端末1端末ごとに別途オプションが必要となります。
※VP-101N本体の導入設置、HuBやLANケーブルなどの配線機器、サーバー本体の調達については、別途御見積もしくは、御社でのご用意/ご手配も可能
※価格はいずれも税抜
接続方法 録音アダプタを電話機と受話器の間に設置し、そのアダプタをLANケーブルにてネットワークに接続。ネットワークのPCにて管理する。
※1電話機に1端末必要
録音アダプタを電話機と受話器の間に設置し、そのアダプタをLANケーブルにてネットワークに接続。ネットワークのPCにて管理する。
※1電話機に1端末必要
+ サーバー本体の設置・設定
録音保管場所 アダプタ内部の記憶メモリ
(最大録音時間125時間)
サーバー本体の容量による。(2GBで125時間録音)
機能 録音データの再生、検索
(複数端末を一限管理可能)
リアルタイムの音声モニタリング
録音データの再生、検索、メモを残す機能
(複数端末を一限管理可能)
リアルタイムの音声モニタリング
アラーム通知機能
メディアに自動バックアップする機能あり
用途 小~中規模向けのコールセンター 小~中規模向けのコールセンター
保守 製品本体1年サポート
平日日中帯の電話サポートは無料
製品本体1年サポート
平日日中帯の電話サポートは無料
その他 サーバー記憶モードへのアップグレードが可能 1サーバーでは48端末のみ管理可能